メイン コンテンツにスキップ

グレーゾーンの息子を育てる「当事者」としての視点で

グレーゾーンの息子を育てる当事者の視点でのイメージ画像-株式会社アイトカム諏訪部彩

はじめまして。株式会社アイトカムの諏訪部彩(すわべあや)と申します。

これからこちらのブログで発信していきます。私は我が子がグレーゾーンです。(発達障害の疑いはあるが、診断を受けていない)それがきっかけで本を読んだり、セミナーに参加したり、スクールカウンセラーに相談を通じて色々とお話を聞いたりしながら、勉強はしていますが、発達障害に関する専門家というわけではありません。自分なりに勉強したことをまとめたり、子を育てる「当事者」だからこその視点で感じたことを素直に書いたりする形で発信をしていきたいと考えています。ご意見や考え方は様々かと思います。その中の一つの見方として、こういう見方もあるか、という風にご覧いただけましたら幸いです。

はじまりの今回は「発達障害」についての私の捉え方について書きたいと思います。

まずは一般的に書かれていることですが、発達障害は、生まれつき脳の働き方の違いがあることによって、幼少期から行動面や情緒面に「特徴がある」状態です。得意・不得意の特性、その人が過ごす環境や周囲の人との関わりのミスマッチから社会生活に困難が生じます。発達障害は見た目では分かりにくく、その症状や程度、困り事は様々です。近年は発達障害に対する社会の認知が進み、理解してもらえることも多くなりましたが、それでも発達障害の特性を「我儘」「自分勝手」「問題児」などと捉えられ、「怠けている」「親のしつけが悪い」などと批判されることも少なくないのが現状です。

発達障害には、自閉スペクトラム症、注意欠如・多動症(ADHD)、学習症(学習障害)、チック症、吃音などが含まれます。同じ障害名でも特性の現れ方が違ったり、いくつかの発達障害を併せ持ったりすることもあります。また、発達障害の特性はあるが、診断基準は満たさない状態を指す、グレーゾーンといわれるケースもあります。発達障害かどうかは、数値のような「明確な基準がない」ので、はっきりと見極めづらい状態にある人もいるのです。

このように、人によって症状や程度が本当に様々であることから、その人の「特徴・個性」である、という見方もできます。病院を受診し診断を受けた上で、適切な療育や投薬などで生活上の支障を緩和すること、日常生活や学校生活の場での過ごし方を工夫出来るよう、周囲の人に協力をしてもらうことが、必要かつ当事者である親子にとってベストです。

そのためにも、私は『自分のことをよく知って、それを受け入れること』がスタートだと考えています。これは

「保護者の方がお子様のことを」

「お子様が自分のことを」

という2つの視点の意味合いになります。「発達障害」「グレーゾーン」ということに囚われず、周囲のお子様と比較して良い悪いということにも囚われず、一人の人間として、唯一の個性として、お子様が何が得意で何が不得意なのか、何が好きで何が嫌いなのか、どんな価値観を持っているのか、つぶさに観察して、知って、現状を受け止めてあげるのが、大事だと考えています。保護者の方が受け止めて認めてあげることで、お子様は初めて自分自身を知り、それを肯定することが出来るのです。

ですが発達障害やグレーゾーンであろうと、定型発達であろうと「ありのままのその人」で人生を歩んでいくことに変わりはないんですよね。どんな人にも、得意なことがあれば、不得意なことがあるわけです。その人だけの個性を、どこでどうやって発揮していくのか、自分の意思あるいは周りのサポートを受けながら、成長とともに探していく過程をたどるのは、誰であっても同じなのではないかと思います。

だから「人はそれぞれ違う、特長や個性も様々で当然」という前提認識を社会全体で持ち、お互いが得意・不得意を理解して、助け合えるような世の中になるのが何よりです。学校教育もお子様それぞれのニーズに合った形で行われるのが理想です。でも、それをただ何もせずに待っているだけでは、私たちの子どもはあっという間に大人になってしまいます。

それでも、私たちが「今」子どもたちに出来ること・・・

『自分の特長を知り、その特長を生かして輝ける場所を、自分で探していける力』

これが、私が思う「生きる力」であり、この力を一人でも多くの子どもに渡してあげたい、そんな風に考えているのです。

トップへ戻る