メイン コンテンツにスキップ

子育て支援は親支援

子育て支援は親支援イメージ画像-株式会社アイトカム諏訪部彩

諏訪部彩は、発達障害の子どもと、それに寄り添い、向き合う親に対して「親子同時に学び自分と向き合うことが出来るサポート」即ち「親子同時サポート」を提供しています。なぜそのような形でのサポートを行うのかについて書いてみたいと思います。

『啐啄同時』という言葉をご存知でしょうか。

啐啄同時とは禅語で、鳥の雛が卵から産まれ出ようと殻の中からつついて音をたてた時、それを聞きつけた親鳥がすかさず外からついばんで殻を破る手助けをすることを意味します。これが「啐」と「啄」の関係です。このようにお互いが「タイミングよく協同し合った時」に、新しい何かが誕生するのです。

これは人間の子育て・教育にも言えるなと思っていまして、子どもが心身ともに健やかに成長し自立を果たすには、親だけが一生懸命でもダメだし、子どもだけが意欲的でもダメ。子どもが興味・関心を持つまでは根気よく待ち、そして自分から学びたい、やってみたいと一歩踏み出した時に、そのタイミングをすかさず捉えて、その意欲に寄り添って、必要な手助けをしてあげること。まさに『啐啄同時』が大事なのではないかと考えているのです。

私は子どもに対して「7つの習慣J®」というプログラムを取り入れ、一緒に学び、とことん考えることを通じて、

・自分は有能で社会で活躍できる、人から必要とされ愛される「価値ある存在だ」と信じられる『自信』と『自己肯定感』を高める

・自分の人生は自分で選択し、望む道を自ら切り開くことが出来ると考えられる『主体性』

こういったマインドを育む支援、生きるための土台作りの支援をしています。子ども自身が、自分の将来に向かってチャレンジしてみたい!という意欲は高まります。でも、前述のとおり、子どもの意欲を高めるだけでは片手落ちだと考えています。子どもが「僕は将来プロゲーマーになりたい!絶対になるんだ!」と言ったときに、親が子どもの真意を十分に理解せずに「そんなのだめよ!心配だわ。あなたは○○を目指すべきよ!」と言ってしまったら、子どもの意欲をつぶし、親子の信頼関係も崩れてしまう可能性があるのです。

そこで『啐啄同時』を実現するためにも、親への支援を同時にしたいと考えました。

むしろ、子育て支援は親支援だと思うのです。なぜならば、子どもを心身ともに健やかに成長するように支え、最終的に子どもを真の自立へと導くのは他でもない「親」である、と考えているからです。このように言うと「子育ての責任は親にあると言われ、親だけで抱えなくてはならないようで、プレッシャーだ」とおっしゃる方もいらっしゃいますが、そうではありません。どんなに外から愛情を持って子どもに関わったとしても、最終的に親の愛に勝ることは出来ないのです。『啐啄同時』で言えば、ここだ!というタイミングをすかさずに捉えることが出来るのは親だけだからです。

だからこそ、子どもの成長を親の立場でしっかりとサポートしてもらえるように、親を応援したいのです。どんなに頑張っても私が子どもに出来ることは限られるから、親の支援をしたいのです。

私も子どもの価値観、悩み、課題、将来の夢・・・広く深く知っていきます。どうか一緒に子どもの成長をそばで寄り添い、応援していきましょう!そんな思いです。

そして、子どもは親の背中をよく見ています。親自身も自分の人生を大切に、目標や夢を持ってそれに向かって頑張る姿を子どもにたくさん見せてあげましょう。うまくいくように応援しますし、見つからない方は見つけられるようにサポートもします。そんな思いです。

『親子同時サポート』にご興味がありましたらこちらをご覧ください。

諏訪部 彩の思い・プロフィールはこちらから

諏訪部彩-株式会社アイトカムの写真

トップへ戻る