メイン コンテンツにスキップ

子どもたちに「自分と向き合う時間」を

子どもたちに「自分と向き合う時間」をのイメージ画像-株式会社アイトカム諏訪部彩

「将来が不安で仕方ない…」「やりたいことがわからない…」

こんな風に思っている子どもたちが意外にも多くいることをご存知ですか❓

気がついたら義務教育が終わり、なんとなく高校を卒業して、なんとなく大学に行った…
でも結局、

自分は何が好きなのか、何が出来るのか、何がしたいのか、よく分からない😢

中学から塾に入って、たくさん努力して勉強して、高校受験、大学受験を突破してきた。
このように「頑張ることが出来る力」があって、壁を乗り越える経験をしてきた子でも、
『自分は何がしたいのか分からない…』
そんな風に感じてしまう。

それってすごくもったいないですよね


そのエネルギーを本人が好きで興味が持てることに、よりたくさん費やすことが出来たら…

本人も幸せだろうし、社会全体にとってもプラスなはずです。

ですが、今の学校教育や社会のシステムをすぐに変えることは難しい…
だからこそ、親をはじめ、関わっている周囲の大人たちが、子どもたちに何をしてあげられるのか、考える必要があるのではないでしょうか✨

「7つの習慣J®︎」は子どもたちが『自分と向き合う時間』です🙂

✅どんなことが好きで、興味を持っているのか?楽しいと感じるのか?

✅自分はどんな性格なのか?どんなことで嬉しいと感じ、頑張ろうと思えるのか?

✅逆にどんなことで悲しいと感じ、落ち込んでしまうのか?

まずは「今の自分」をよく理解することで、その先にしてみたいことや、目標・夢についても考え始めます。

から求められる目先の正解」を選択するのではなくて「自分の未来にとって良い選択」が出来るようになります。

忙しいからこそ敢えて「自分と向き合う時間」をつくりませんか


多くの習い事や塾で、なにかと忙しい小学生ですが、週1回60分、
『落ち着いて自分と向き合う時間を敢えて創る』という選択。
これが必ず、子どもたちの将来に活きてきますよ🥰

 

※「7つの習慣®」および「7つの習慣J®」はフランクリン・コヴィー・ジャパン社の登録商標です。

「7つの習慣J®」オンラインファシリテーター諏訪部彩のプロフィールはこちら

トップへ戻る