メイン コンテンツにスキップ

「出来ない」を「出来る」に変えてみよう

「出来ない」を「出来る」に変えてみようのイメージ画像-株式会社アイトカム諏訪部彩

自分には無理、出来ない、という思い込み持っていませんか

フルマラソン完走🏃
出来たら良いな、なんて憧れはあるけれど、
今までまともに運動したことはないし、自分には出来ないな・・・😢

『フルマラソン完走は自分には無理、出来ない』
と捉えているのが、あなた今持っているパラダイムです。

パラダイムはみんな違うし、いつでも自分次第で変えられる!


パラダイムとは、物事の見方・考え方のことです。物事をどう認識し、理解し、解釈しているか、ということです。

パラダイムは、人それぞれ違います。同じ物事を見て、体験しても、捉え方や感じ方はみな違うのです。

そして、パラダイムはいつからでも変えることが出来ます💪
あなた次第で。

『フルマラソン完走は自分に出来る』とパラダイムを変えた瞬間、「どうしたら出来るか?」という問いが立ち、あなたの脳がその問いの答えを出そうと働き始めるのです。
解決するための様々な情報が目に留まるようになり、次第に行動も変わっていきます✨

子どもに対してもあなたのパラダイムが決めつけをしていませんか?


あなたの子どもに対してはどうでしょう❓
足りないところ、出来ないところばかりを気を留めて、いつのまにか子どもに対して、「この子には無理、出来ない」パラダイムを持ってしまっていませんか🤔

決めつけてしまっていませんか?

まずはあなたが、あなた自身のパラダイムを変えましょう👏

「この子は出来る!」

「この子にしかない、良いところが必ずある!」

そんなパラダイムで、子どもと関わりましょう。ひたすら待ちましょう。

発達障害の子どもたちには、特にこれが大事だと思っています。大人の勝手なパラダイムで子どもを見ないこと。勝手に「無理、出来ない」と決めつけないこと。

これまではこれまでです。
これからを変えていきましょう❗

親子のパラダイムを変えるプログラムはこちらです

トップへ戻る