メイン コンテンツにスキップ

発達障害の子どもを育てる親御さんに知っておいてもらいたい5つのこと

発達障害の子どもを育てる親御さんに知っておいてもらいたい5つのことイメージ画像-株式会社アイトカム諏訪部彩

今回は『発達障害の子どもを育てる親御さんに知っておいてもらいたい5つのこと』と題して諏訪部彩が保護者の皆様にお伝えしたいことを書かせていただきます。

  1. 生まれ持った特性であり親のしつけの問題ではないということ
  2. 親の関わり方次第で子どもは良くも悪くも変わるということ
  3. でも親だけで責任を抱え込むことはないということ
  4. ありのままのその子が自分の特性をどう生かし、そして活躍できる場を探すかに、発達障害の有無は関係ない、それは誰でも同じだということ
  5. 誰にでも必ず、その人だけにしかない強み、与えられた役割がある、ということ

1.生まれ持った特性であり親のしつけの問題ではないということ

以前に比べ、発達障害に対する社会の認知が進み、すでにご存じの方が多いかと思いますが、発達障害は、生まれつき脳の働き方の違いがあることによって、幼少期から行動面や情緒面に「特徴がある」状態です。認知が進んだとはいえ、子どもが集団生活を経験していく中で、発達障害の特性を「我儘」「自分勝手」「問題児」などと捉えられ、「怠けている」「親のしつけが悪い」などと批判されることも少なくないのが現状です。もちろんですが「親のしつけ」の問題ではありません。

ただ一つ、問題が生じるとすれば、親が子どもの発達障害による特性をネガティブに捉え、受け入れることが出来ず、必要以上に叱ってしまったりすることで、子どもが親に認めてもらいたい、褒められたい、けれど、うまく出来ない、というストレスから、行動がエスカレートしてしまうケースです。保護者の方の心情はとてもよく理解できます。ですが、他者と自分の子どもを比較することをやめ、その子自身の成長出来ている部分に着目してあげること、出来ないことよりも出来ることにフォーカスすることが、とても大事です。そのように焦らずに、その子のペースに合わせ、待ってあげるスタンスをとることで、子どもは必ず出来ることは増えていきますので、安心してください。

2.親の関わり方次第で子どもは良くも悪くも変わるということ

保護者の方がどのようなスタンスで子どもと関わるか次第で、良くも悪くも変わる、というのは、やはり否めないのです。毎日一番子どものそばにいて、その変化をつぶさに捉えることが出来るのは親だけだからです。発達障害の子どもは特に、小さな成功体験を積み上げて、それを自信に変え、自己肯定感を高く保つのが、非常に大事なポイントになります。

そのために、大人が「普通なら出来て当たり前でしょ」と思っているような些細なことであっても、前よりちょっと良くなっているなら、大いに褒めて認めてあげるのが良いのです。しかもその場その時!タイムリーにです。親の役割、というか、ここで「関わり方次第です」と言っているのは、そういった意味合いです。

3.でも親だけで責任を抱え込むことはないということ

2.で説明した通り、親の関わり方が大事で、それ次第で子どもは良くも悪くも変わるわけなのですが、小さな変化を捉えてタイムリーに褒める、認める、ということをしてもらえれば、ほかのことはどんどん外部を頼りましょう!発達障害と言っても、症状や特性、その程度は本当に様々ですから、子どもそれぞれの課題、それぞれのニーズがあります。それは病院で診断を仰ぐことも大事ですし、必要に応じた学習環境を選択する、療育などを活用する、積極的に活用してください。

私もその受け皿の1つになりたいと思い、事業を展開しています。私もお子様と関わりますし、保護者の方の悩みや不安もとことん聞きます。保護者の方と一緒に、子どもの成長を見守り、幸せを願ってくれる人はたくさんいるので、安心してくださいね。

4.ありのままのその子が自分の特性をどう生かし、そして活躍できる場を探すかに、発達障害の有無は関係ない、それは誰でも同じだということ

病院での診断を受けることで、その子にとって必要かつ効果的な支援を受ける、これは最も大事なことです。大前提です。ただ一方で発達障害はその子の特徴、特性です。完全無欠な人は存在せず、誰でも良い面がある一方で、弱点や課題を抱えています。発達障害の有無だけではないわけです。「ありのままのその子の特徴、特性」を本人も保護者もよく知って、これからそれをどう生かし、活躍できる場はどこか探す、大人になっていく過程のなかで誰もがたどる道です。

そのように考えて、自分の強みとなる武器を磨いていってほしいと考えています。自分の良い面で人を助け、自分の弱点は積極的に周りに助けてもらう。こういう生き方が出来る方が楽だし、長期的に見て、周囲の人と良い人間関係を築いていける素晴らしい人生を送れると思います。ぜひ、そういうポジティブなマインドを育んで頂きたいです。

5.誰にでも必ず、その人だけにしかない強み、与えられた役割がある、ということ

「誰にでも必ず、その人だけにしかない強み、与えられた役割がある」

これが諏訪部彩の信条です。

・ある一面だけで判断され、否定され、自信を無くしてしまう

・自分はダメなんだというマインドを持ってしまい、自分の良さに気づけない

子どもたちに、このような思いをしてほしくないのです。非常に勿体ない、社会にとっても大きな損失なのです。発達障害の有無に限りません。すべての人がそれぞれユニークであり、ほかの人にはない、特徴、良さがあります。早くそれに気づき、磨いて、社会で活躍してほしい。そんな思いを抱いて、これからも子どもたちと、その保護者の方たちと関わっていきたいと考えています。

トップへ戻る