メイン コンテンツにスキップ

意見を言うチカラをつけて、そして聴くチカラをつける

意見を言うチカラをつけてそして聴くチカラをつけるイメージ画像-株式会社アイトカム諏訪部彩

タイトルの通り『まず、意見を言う力をつけて、そして、聴く力をつける』

子どもたちに身につけてほしい2つの力ですが、この順番を大切にしたいんですよね。
諏訪部彩本人の経験からも、子育てをしている経験からも、そう感じているのです。

子どもは「ちゃんと人の話を聴きなさい」と言われても分からない・・・


子どもは、学校でも家庭でも、まずは「ちゃんと人の話を聴きなさい」って言われますよね。それが間違っていると言いたいわけではないんです。
ですが、もし子どもが、自分の話を聴いてくれて、受け止めてもらった経験をしていないのに「まず人の話を聴け」と言われたとしたら、どうでしょうか❓
本当の意味でちゃんと「人の話を聴く」ことが出来るでしょうか❓
たぶん「人の話の聴き方」が分からないのではないかって思うのです。
逆上がりの仕方とか、ボールの投げ方とか、最初は手本を示してもらったり、やり方を教えてもらわないとうまく出来ないのと同じことですよね。

聴いてもらってはじめて人の話を聴けるようになるのです


まずは、周りの大人が、子どもの話をちゃんと聴いてあげる。
些細なこと、時にはワガママなことであっても、最後まで話を聴いて受け止めてあげる。(ワガママを通してあげることとは違います)
そうすれば、自分の思っていることを素直に言っていいんだな、と安心しますね。心理的安全性が高まるから、自分の意見を堂々と言えるようになる。

心理的安全性について書いた記事はこちらです→「心理的安全性」を高めることの意義

そして、自分の話を聴いてもらう経験を重ねることで、相手の話の聴き方も覚えていく。

私はそのように考えているのです。

発達障害の子どもは、頭をフル回転させ、あふれ出てくるイメージをとにかく話します。話すことで整理します。でも、その場その時だから、相手の都合はお構いなしです。相手の都合を考えてほしい、話すよりも聴くことが出来るようになってほしい。子どもに対してそんな風に思ってしまうことがあるかもしれません。とてもよく分かります。

ですが、とにかく聴いてあげてほしいのです。たくさんたくさん聴いてもらった、という経験が、子どもの自信と自己肯定感を育み、心の落ち着きにつながり、ちゃんと人の話が聴けるようになります。

トップへ戻る